税務関連手続き

医療法人設立を登記すると税務関連手続きとして、法人としての事業開始届の届出が必要です。事業開始届とは、税務署と各都道府県税事務所に提出する下記の届出のことを言います。

税務署への届出

  • 法人設立届出書
    設立した日から2ヶ月以内に定款の写しや登記簿謄本などの必要書類を添付して提出します。
  • 棚卸資産の評価方法・減価償却資産の償却方法の届出書
    最初の確定申告の提出期限までに提出します。
  • 給与支払い事務所等の開設届出書
    設立の日から1ヶ月以内に提出をします。
  • 青色申告承認申請書
    設立の日から3ヶ月以内、またはその事業年度終了日のいずれか早い日までに提出をします。

各都道府県税事務所への届出

  • 法人設立申告書
    設立の日から3ヶ月以内、またはその事業年度終了日のいずれか早い日までに提出をします。

無料診断や医療法人の活用については、無料相談をご利用ください

FPサービス株式会社では、医療法人の活用だけでなく、先生のライフステージで起こりうる様々な出来事に対し、トータルにサポートを行っています。

  • 医院開業支援
  • 医療法人化の設立支援・効果的な活用支援
  • ファイナンシャルプラン(お金の相談)
  • 万が一の場合を考えたリスクマネジメント
  • 医院の承継・相続対策

そのため、先生やご家族の総合的・長期的な利益を考えたご提案ができます。
医療法人化したけれど、いまいち効果を実感できないという先生も、ぜひ一度ご相談ください。

無料相談の詳細・申し込みはコチラ

↑ページのTOPに戻る